事業貢献するデザイン方法論と、ROIでは測れないが重視すべき探索活動|idearium cast #22

idearium castの22回目更新しました。こちらのPodcastはブラウザでそのまま聴くこともできますが、Anchorのideariumのページにアクセスし、アプリをダウンロードしていただくと、スマホやパソコンで「ながら作業」をしながら再生可能です!またSpotifyでも聴けます。


事業貢献するデザイン方法論と、ROIでは測れないが重視すべき探索活動|idearium cast #22

デザインが事業貢献できることを経営層へ説明するメモの解説回です。経営とデザインが重要とうたわれつつ、具体的に「何に取り組み」「どんな成果が生まれるのか」の輪郭がぼやけていることで、経営とデザイン組織の連携がうまく出来ないケースが往々に見られます。そうした事象や方法論について解説を行っています。まださらに「ROIで図ることが難しい、新たな挑戦と研究活動」の重要性についても語っています。


ミミクリ &ドングリはデザインの力で創造性の土壌を耕し、組織の課題解決を実践するデザインファームです。40名の研究者、ファシリテーター、コンサルタント、デザイナーが在籍しながら、具体的な技術から思想や哲学まで含めた広い意味での方法論 (methodology) を学術的に研究しています。

学術研究を裏づけにしながら、組織をよりよくするお手伝いをさせて頂いた実例資料を無料配布しております。下記よりぜひご確認ください。

Tag

Contact

イノベーションコンサルティングの
ご相談はこちら

組織と事業の変革を実現するためには、当事者一人ひとりの衝動に蓋をせず、対話的な関係性をファシリテートすること。そして変革の土台となる組織の構造と仕組みをデザインすること。この両輪を回すことが重要です。まずはお気軽にご相談ください。組織をよりよくしたい衝動がある方からのご相談を心待ちにしております。

ワークショップの基本から活用する意義、プログラムデザインやファシリテーションのテクニック、企業や地域の課題解決に導入するためのポイントや注意点について、最新の活用事例と研究知見に基づいて解説します。

※ダウンロードいただいた方には、 最新情報をメールでお届けします。