ファシリテーターがいま取り組むべきこと

新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、”3密”のリスクが高いオフラインのワークショップはこぞって延期。これまでは組織に何か問題が起こればステークホルダーを集めて対話の場を設ければ課題に立ち向かえたところが、ファシリテーターにとっての主戦場、得意技が封印されてしまいました。

ミミクリデザインにおいてもこれは同様で、ワークショップデザイン・ファシリテーションを専門とする企業として、ビジネスとマネジメントの両面において変化が求められています。

このような状況化において、ファシリテーターが今取り組むべきことは大きく3つあると考えています。この記事はミミクリデザインに所属しているファシリテーターに向けた社内メッセージとして書いていますが、あらゆるファシリテーターにとって同じことが言えると思っているので、記事として公開することにします。

1.周囲のチームやコミュニティの課題をリフレームする(率先して問いをリデザインする)

これまで他の記事でも繰り返し述べてきた通り、オンラインコミュニケーション中心のリモートワーク型組織では、マネジメント側は性悪説的になりやすく、働く一人ひとりは”自分”を主語に考えやすくなるため、組織に「遠心力」が働き、バラバラになっていく..というバッドシナリオを回避しなければいけません。

これは自粛要請を守らない”3密”への外出行動や、必需品の買い溜め行動など、社会においてはすでに起きている事象です。全体に邪推が働いたまま、一人ひとりが「私にとって、何をすれば最も利益が得られるか?」という個人レベルの問いを立ててしまうと、社会全体にとっての最適行動が取れません。

組織やコミュニティにおけるファシリテーターは、これまでのファシリテーションの実践において磨きをかけてきた「問いのデザイン」のスキルをフル活用し、周囲の視座を高めるよう、「チーム」「コミュニティ」「組織」を主語として考えられるような課題へと問題をリフレーミングし、建設的かつ前向きな「問い」をデザインするところに注力すべきです。

たとえば「自分の健康をいかに守るか?」という問い。これは言うまでもなく、いま全員が考えなくてはならない個人の課題ですが、あえて「この状況において、守るべき”組織の健康”とは何か?」という問いで対話をしてみると、また違った視座が得られるかもしれません。たとえばあるいは、「感染にかからないためには?」ではなく「もし自分がすでに感染しているとしたら?」と問うてみる。「1ヶ月どうやってリモートでやり過ごすか?」ではなく「この状況が3年続くとしたら、何をすべき/したいか?」と問うてみる。

対面(オフライン)のワークショップを開催しなくとも、ファシリテーターはものの見方を揺さぶる「問い」を立て、それを周囲に共有するだけでも、チームやコミュニティを前向きな視座へとファシリテートしていくことが可能なはずです。これまでのナレッジを活かし、マクロな意味でのファシリテーションに貢献しましょう。

2.オンラインのファシリテーションを実験し、ナレッジを磨き共有する

オフラインの場が封印されたからといって、ワークショップやファシリテーションができないわけではありません。世間の関心とニーズはすでに「オンラインにおけるファシリテーション」に移行しつつあります。

この事象を一過性のものだと思わずに、afterコロナにおいてもオンラインにおけるワークショップやファシリテーションは当たり前のものになると考え、ファシリテーターは積極的にオンラインの実践にトライし、ナレッジを磨き、周囲のファシリテーターと共有すべきだと考えています。

私たちミミクリデザインは、幸いにも1年以上前からオンラインワークショップのプロジェクトを多く経験してきましたし、実は安斎自身も、2014年から3年間、オンラインワークショップに関する研究に取り組んでいました。以下、主な研究実績です。

Multi-Layered Online Workshop: Promoting Both Collaborative and Instructional Interactions at Medium Scale
Yuki ANZAI, Hiroki OURA, Ryohei IKEJIRI, Wakako FUSHIKIDA, Yuhei YAMAUCHI (2016)
International Society of the Learning Sciences 2016, Singapore

アイデア発想を課題とした多層型オンラインワークショップの実践
安斎勇樹, 仲谷佳恵, 池尻良平, 大浦弘樹, 伏木田稚子, 山内祐平 (2016)
日本教育工学会第32回全国大会講演論文集, 日本教育工学会, pp523-524

MOOC講座における多層型オンラインワークショップの提案
安斎勇樹, 大浦弘樹, 池尻良平, 伏木田稚子, 山内祐平 (2015)
日本教育工学会第31回大会講演論文集, 日本教育工学会, pp95-96

このときから「オンラインにおけるワークショップの可能性と課題」についてはナレッジを蓄積しており、奇しくも、この状況には十分な備えがありました。ミミクリが得意とする「ファシリテーションスキル」の研修も、いち早くオンライン版を開発し、3月にリリースすることができ、むしろこれまでより引き合いの数が増えているほどです。私たちファシリテーターにとって、この状況は、創造性を働かせて乗り越えるべきチャンスでもあるのです。

ただしすでに指摘されている通り、オンラインのファシリテーションとは、オフラインでやっていたことを、そのままオンラインに移行することではありません。

オフラインとオンラインは全く別の空間であるため、人間にとっての居場所感覚や、違いの存在感、コミュニケーションの感性や価値観が全く異なるものになります。人間と集団のプロであるファシリテーターである私たちは、誰よりもそのことについて、想像力を働かせなくてはいけません。

また、全ての活動をオンライン(同期型・非対面)に持ち込む必要はなく、オフライン拠点とオンライン、また同期型コミュニケーションと非同期型コミュニケーション(チャットや掲示板コミュニケーション)をうまく組み合わせることも有効です。

映像をon/offにするのか、本名/ハンドルネームで参加するのか、匿名を許容するのか、音声/テキストどちらをメインにするのかなどによっても、対話のダイナミクスは大きく変わります。これまで以上に複雑な活動モジュールを手懐け、けれどもシンプルなプログラムに落とし込む戦略的なプロセス設計が重要になるでしょう。

まだまだ研究領域としては未開拓であるため、このような状況化だからこそ率先して「実験」を行い、明らかになったナレッジを広く共有しながら知を深めていくことが求められるでしょう。

3.骨太の理論を学び、実践知を深める、分厚くする

オフラインの実践に制約が課されている状況だからこそ、前述したような新しい方法(How)の実験は大切ですが、立ち止まって理論(Why)を学ぶことも重要です。

ファシリテーションの勉強をしようとすると、どうしても「このSTEPで進めると話し合いがうまくいく」「このワークシートを使うとアイデアが出やすい」といったような、フレームワークに焦点がいきがちです。

けれども、たとえばワークショップの重要な背景理論である「社会構成主義」の考え方についてきちんと理解していないと、ワークショップがなぜ「グループワーク」を導入するのかよくわからぬまま参加者に話し合いをさせ、真の意味で対話が起きていないために、単なる「参加者を飽きさせないための工夫」にしかなっていない..といったケースも少なくないようです。

自分が立脚している手法の背景理論を深掘りしたり、あるいは直接関係ないのだけれど、関連する隣接領域の理論を学んでみたりすると、Howを支える背後の知識と知識が結びつき、自分の土台となっている実践知が立体的に構築され強くなっていく感覚になるはずです。

闇雲に「オンラインで実験しよう」とするだけでなく「そもそも、なぜオフラインではこのような手法を採用していたのだっけ?」と振り返り、理論に立ち戻ってみることも重要だと思うのです。自宅に積んだままにしていた文献を、今こそ手に取り、じっくりと血肉にしておきましょう。


以上、withコロナ状況において、オフラインのワークショップを封じられたファシリテーターが「今すべきこと」について、私見をまとめました。繰り返しになりますが、これはミミクリデザインに在籍するファシリテーターに向けて書いたメッセージです。外部のファシリテーターの方にとっても共有できるまなざしがあるのではないかと思い、記事として公開しました。参考になる部分があれば幸いです。


ミミクリ &ドングリはデザインの力で創造性の土壌を耕し、組織の課題解決を実践するデザインファームです。40名の研究者、ファシリテーター、コンサルタント、デザイナーが在籍しながら、具体的な技術から思想や哲学まで含めた広い意味での方法論 (methodology) を学術的に研究しています。

学術研究を裏づけにしながら、組織をよりよくするお手伝いをさせて頂いた実例資料を無料配布しております。下記よりぜひご確認ください。

Contact

イノベーションコンサルティングの
ご相談はこちら

組織と事業の変革を実現するためには、当事者一人ひとりの衝動に蓋をせず、対話的な関係性をファシリテートすること。そして変革の土台となる組織の構造と仕組みをデザインすること。この両輪を回すことが重要です。まずはお気軽にご相談ください。組織をよりよくしたい衝動がある方からのご相談を心待ちにしております。

ワークショップの基本から活用する意義、プログラムデザインやファシリテーションのテクニック、企業や地域の課題解決に導入するためのポイントや注意点について、最新の活用事例と研究知見に基づいて解説します。

※ダウンロードいただいた方には、 最新情報をメールでお届けします。